新幹線のお医者さん

鉄道ファンの間で、目撃すると幸せになれると言われている新幹線のお医者さん「ドクターイエロー」を知っていますか? ドクターイエローの正式名称は新幹線電気軌道総合試験車といい、新幹線と同じスピードで走行しながら、レールの歪み、架線電力の状態、架線の摩耗状態、信号設備の状態といった新幹線の軌道状態を検測する事業用車両です。基本的には路線の点検作業のみに使用されますが、阪神・淡路大震災では建設資材輸送に使われるなど、例外的な運用もあります。

ドクターイエローは主要駅停車の「のぞみ」検測と、各駅に止まる「こだま」検測の2種類があり、通常と同じダイヤで営業時間帯に運転されます。どちらも、基本的に2日かけて検測を行い、1日目に東京から博多へ行き、2日目に東京に戻ることが多いです。ただし、新大阪駅で大阪仕業検査車両所に入区することもあるのです。

ドクターイエローは正確な運行時間や運転日は非公開とされており、その神出鬼没さから縁起物のように扱われていますが、毎回ダイヤを調整するわけではなく、検測のダイヤは決まっています。そのため、SNSなどでは目撃情報が多数あげられているのでしょう。独自の検証をまとめてブログに載せている人もいるので、照らし合わせると運よく出会えるかもしれません。

Copyright © 新幹線の1から10まで知りたい! All rights reserved.